株式会社プロネクサス主催の標記セミナーにて、弊社社長の小川が講演します。

日 時 : 2019年12月12日(木)14:00-17:00 (開場 13:30)
会 場 : 株式会社プロネクサス セミナールーム(東京・浜松町) 
講 師 : 弊社代表取締役社長 小川 康
定 員 : 30名
受講料 : 一般=23,100円(税込)
ディスクロージャー実務研究会会員=17,600円(税込)

【セミナー趣旨】
 事業投資は、企業の成長を達成するために不可欠の業務です。しかし、その重要性にもかかわらず、失敗を減らし、リターンを高める実務は、属人的なノウハウ・能力に依存していることが多く、組織として共有・実践することが容易ではない状況にあります。その一方で、日本版スチュワードシップ・コードやコーポレートガバナンス・コードによって、投資家との対話と適切なリスクテイクが求められています。

 本セミナーは、設備・研究開発・M&A・新規事業等の事業投資に取り組む企業の経理財務や経営企画部門等の方を対象に、「事業投資の内容(リスクとリターン)をよく理解し、説明できるようにする」業務プロセス例を説明します。また、その業務プロセスの基礎となる経営理論を解説し、計画立案と実行管理(モニタリング)の両面から事業投資のリターンを高める方法論を解説します。更に、各社の取り組み事例を紹介し、セミナーに参加される皆様が、自社で業務を実践される場合の参考としていただきます。事業投資の説明・共有・評価に苦心している方々にお勧めいたします。

【プログラム】
 ①事業投資に関するよくある課題
 ②事業投資はなぜ失敗するのか
 ③情報共有とガバナンス:透明性の高い事業投資の業務プロセスと意思決定者の役割
 ④事業投資の事業性評価のポイント
 ⑤各社の取り組み事例

詳しくはこちら