RadMap / portfolio

概要

RadMap/portfolioは、複数の事業やプロジェクトを束ねた事業ポートフォリオを可視化し、現状の投資案件の集積から見える事業の将来像の分析から、問題点の抽出および問題解決に向けたシミュレーションまで行う事業ポートフォリオマネジメント支援システムです。
事業ポートフォリオの分析・評価を行う多種多様な分析機能のほか、最適なポートフォリオの組み合わせを探索するシミュレーション機能を備えています。RadMap/portfolioは、これらの機能を通じて、効率よく新しい事業ポートフォリオ計画検討・作成を支援します。

特長

  1. 多面的な評価と可視化により事業の将来像および成長性を把握

    時系列グラフ、バブルチャートなど多種多様な分析機能を有し、目的に応じた多様な視点の分析・評価を容易に行うことができます。時系列分析機能では、事業単位、事業地域単位など様々な切り口で現状から見える将来像を多様な視点で可視化し、ユーザーの検討範囲を拡大します。

  2. 優先順位付け・組み合わせシミュレーションにより経営資源の適正配分を支援

    累積効率曲線やランキングチャート、信号チャートなどの優先順位付け機能はプロジェクト間の比較を行い、優先順位を可視化し、限られた経営資源を適正に配分するための意思決定を支援します。

  3. 最小の投資から最大のリターンが得られるポートフォリオの探索

    オプティマイザー機能は、事業や投資案件の現行計画と代替案の組み合わせの中から投資(投入する経営資源)を最小化し、リターン(投資が生み出す価値)を最大化する組み合わせを探索します。売上必達目標や予算額など投資の制約条件を設定し、合致する組み合わせだけを抽出するスクリーニングも可能です。

  4. Excelとのデータ連携が可能

    RadMap/project とのデータ連携はもとより、Excelテンプレート出力機能/取り込み機能により、Excelとのデータ連携が可能です。既存業務で使用しているプロジェクトや製品のExcelデータをそのまま活用しながら、RadMap/portfolioの導入・運用が可能です。

  5. サーバー上のポートフォリオデータの管理・更新・共有が容易

    RadMap/portfolioでは、データをサーバー上に一元管理し、ユーザー間でポートフォリオデータの管理・更新・共有を行うことができます

解決できる課題

意思決定者
  • 事業全体の中長期的な見通しが可視化されることによって、リスクを早期に発見することができ、早めに打ち手についての議論・検討を開始することができます。
  • ポートフォリオ組み合わせシミュレーションにより、現行計画や代替案の中から最適な事業や投資案件の組み合わせを柔軟に探索することができます。
  • 評価指標をもとに優先順位付けを行うことができ、取り組むべきアクションの優先順位を組織的に可視化・共有することができます。
  • 制約条件に応じた事業投資や人的資源投資などの資源の適正配分の検討に役立てられます。
本社スタッフ
  • 各事業の現行案や代替案を自由に組み合わせ、多岐にわたるシミュレーションを容易に行うことが可能になるので、個別最適にとどまらない全体最適を考慮した検討・提案が可能になります。
  • 現行案を代替案に変更した場合やプロジェクトが中断になった場合、事業ポートフォリオの変更内容について意思決定者への迅速な提示が可能であり、意思決定のスピードを早めることができます。
  • 一部のプロジェクトや事業計画に変更が生じた際に、変更内容を修正するだけで、事業全体への影響を容易に分析、確認することができます。
  • 既に使用しているExcelブックの別シートからのリンク設定によるExcel入力や複数のExcelブックを同時に読み込むことにより、効率的なデータ入力をサポートします。

機能

ポートフォリオフレーミング機能 事業ポートフォリオの評価に必要な要件を整理し定義することができる
ポートフォリオセットアップ 事業ポートフォリオに取り込むプロジェクト評価データを集め入力することができる
ポートフォリオアナリシス機能 事業ポートフォリオの現状を価値評価し、戦略目標を満たす対策をシミュレーションすることができる
時系列グラフ・ギャップ分析/バブルチャート/ポートフォリオ比較グラフ/累積効率曲線/
ランキングチャート/中断シミュレーション/最適化シミュレーション(オプティマイザー)等
Excelとの相互連携 データの出入力・分析結果出力をスムーズに実現できる